似合わせる。というのには必ず主語が必要では?

お客様にもカット練習中の美容師さんにも聞かれる項目に、何が似合うか分からない、どうすれば似合うか分からない…

という漠然とした疑問。

美容に関わる仕事をしている人は、誰しも聞かれた事があるに違いない。

美容だけじゃないか。アパレルなんかもだし、自転車やバイク、車なんかも、その人らしさを出す要素になる様な。

.

とはいえ、僕は美容師なので、当然ながら髪について、似合う様に…という漠然とした疑問やオーダーを投げつけられる。

.

ずっと通って頂いているお客様の場合は、メイクや顔立ち、洋服の雰囲気など何と無く把握できている事と、僕への信用度もある程度頂いているので、とってもやりやすい。

その中でも、マンネリ化しない、飽きさせないスタイルアップデートは必須とは思います。

.

似合わせ。この単語だけだと、主語が無く着地点が見つからない。

主語の無いコミュニケーションは、日本語ではよく使われ誤解を招く原因にもなってしまう。

こといざこざ、小競り合いは、双方の誤解がキッカケとなり収拾が厄介になっていく。

僕も気をつけます。

.

さて。

では何に似合わせるのか?

これは、おそらく私、貴方に、といった対象があるはず。

.

どう似合わせるのか?

ここは人それぞれ可愛くなのか、カッコよくなのか、知的になのか、モードになのか、色々出てくるとは思います。

.

では、その対象となる人の素材、顔立ち、肌色、メイク、洋服はどうなのか。

髪の着地点を確定させる為には、他の要素を検証する事はハズせない。

そしてそれだけで解決できない、というのも厄介な項目だ。

.

なぜか?

髪が似合う定義は、肌との色彩バランスや、顔立ち、輪郭との相性など造形的な要素が50%

残りの50%は、その人の感情や気分、これがリンクして最高のパフォーマンスを生み出す。

簡単に言うと、その人が好きか嫌いか。

客観的に見て、いかに造形美が素晴らしいとしても、主観的にその造形美が好きじゃなければ、話にならない。

.

人を一枚の絵と考えた時に、私達美容師が対応するお客様は、髪以外のフォルムやデザインが描き上げられた状態だ。

全体像のイメージに合わせる、という1つ方針が生まれる。

イメージを確定させた後、そこから少し細かく見ると、首から上。

全体像は一旦おいといて、再び顔を一枚の絵と考えた時に、私達美容師が描く髪は額縁のような役目を果たす。

.

おそらく絵描きさんで、額縁を決めてから作品作りに取り掛かる人は皆無。

絵に合わせて、イメージに合う額縁をチョイスするかと思う。

.

我々の仕事は、その人の良さを引き出したり、悩みを解決したり、何かを強調したり、自然に馴染み一体感を与える為の、最適な額縁を作成する。

似合わせるとは、その作業の事だと理解している。

つまり、まずは絵がどんな絵なのか、ここを理解する事から始まる。 

そして、それは造形的な要素だけでなく、その人自身をも理解しなくてはいけない。

その人が、どんな絵と感じているのか?

という観点。

.

丸顔でもないのに丸顔と悩む人がいる。 

クールな顔立ちでスタイリッシュな人が可愛い雰囲気に憧れていたり。  

変化を恐れていたり。

不確定な感情、気分、イメージ要素とリンクさせていく行程。

ここが非常に難しくも、面白いところでもある。

.


.

リファ グレイス ヘッドスパと、リファ コラーゲンドリンクの講習会。

肌、頭皮、髪、素材がいかに大切か。

思い知らされます…

.

そんな事を悶々と考察しながら手を動かしながらする仕事は退屈しないし、ボケ予防にも良いとされるわけです。

.

今日もしっかりやり切ります。

来週の21日(土曜)はお休み頂いております。

よろしくお願いします。

.

.

ご新規様も大歓迎です。お会いできるのを楽しみにしております。

Lani hair ラニヘア

03-5459-5066

LINE、メッセンジャーからのご予約も承ります。

お急ぎの方、当日予約の方は、サロンへ直接お電話ください。

インスタグラムは主にカラーリング画像